「実践すること」「じっくりと」そして「ほどほどに」

霜里農場農園主である金子美登さんが、先日とある集まりの場で研修生たちや、そして特に私に言われた言葉。 とても深く、強くひびきました。どれもできてないので・・・。

・農業の話だけしているのでは意味が無い。まず実践せよ。
・有機農業への理解も、県や町の行政との協力関係も、30年間じっくりと積み重ねた実践が生み出したもの。自分の活動ですぐに効果を出そうとか、収入にもつなげようとか、短絡的になっていないか。
・そしてもう一つ。 人生には「ほどほど」という気持ちが大切。理想ばかりが高くてもうまく行かないのだよ。

つつしんで受け取らせていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)