人生の転機かな Is this a life changing moment for me?

Photo_20190714222201 世界各地での人生のいろいろな幕を経てたどり着いた小川町でのこの自給的暮らし(未完^^)。14年間続けた大きな舞台をいったん降りて、自分の持つ情報や思考を更新するための時間を取ることにしました。 It has been a 14-year trial of self-sufficient lifestyle in this town of Ogawa (Saitama, Japan) where I settled after going through different scenes of my life in countries around the world. I have decided to step down from the stage for a while and go out to seek for new material to update and upgrade my resources.

Photo_20190714222301 海外の大学院(修士課程)で「環境と経済」や「持続可能性」について学ぶべく、いくつかの大学に入学願書を送っています。 I am applying to various overseas Master’s programs on “Environment and Economy” and “Sustainability” issues.

Photo_20190714222302 小川町での生活をいったんリセットするために、田畑の作業は秋から休止中。これから小屋などを片付けて、来年の春には全て地主さんに返すことに。 All the farm activities are put on hold and I’m going to clean the fields to return them to the owners next spring.

Photo_20190714222401 家も引き払うことになりそうです。こうやって写真を見直してみると、本当に思い出いっぱいの14年間でした。関わってくださった全ての人たちに、心から感謝します。 I’m most probably moving out from the current rented house as well. These photos remind me of tons of events and moments I enjoyed here in the last 14 years. Thank you so much everyone who were part of this wonderful memory.

Photo_20190714222402 まずは、どこかに入学できるよう頑張ります!  Now I have to do my best to get my applications, or at least one of them, pass universities' admission procedures.

 

| | コメント (0)

国連職員と一緒に考える難民問題 <SWY Social Dialogue Vol.3> Refugee situations in Jordan

Swysdvol32
 イエメンの人道危機についての勉強会から始まり、第2回では現地で働くNGOスタッフの方からパレスチナの今について学んだこの企画。今回は、世界青年の船の卒業生で国連の難民支援機関で働く人からお話をお聞きしました。Rちゃん、ありがとう!

Swysdvol3
 今回は、私は準備に関わらず当日の会場設置から参加しました。準備期間がこれまでで一番短かったにも関わらず、参加人数は最高に。K&T素晴らしい!

 難民問題への関心を持つ若い人たちがいることがとても心強いです。この企画も息の長いものになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ追加植え、長ネギ移植など Planting potatoes and transplanting green onion

Photo
 卒論に野菜の種取りのことを書いたRちゃんが、お友達と一緒に就職前の畑の手伝い&あいさつに来てくれました。生物資源系の学科を卒業したRちゃん。先日あいさつに来てくれた立教生の1人のお友達で、田んぼの作業などに何度も一緒に来てくれ、その後卒論の調査でも小川町へ。地元で代々取り続けられている種についてを調査して立派な論文を書きました。

Photo_2
 今日の作業はジャガイモの追加植え。先日手前のうねに自分で男爵を植えました。今回は、この部分は昨年の6月に収穫して、残ったジャガイモたちを種イモにしました。既におイモから芽が出て全体にややしおれてきていたものたち。まだ土からは発芽していませんね。どうなることか。今日植えるのはメークイン。水が少なめでも育ちやすいと言われてこれも植えてみることに。こちらは種イモを買ってきました。

Photo_3
 もう一つの畑では、長ネギの移植を手伝ってもらいました。このネギは、「分けつネギ」といって1本を植えておくと5本くらいに増える便利なもの。毎年、畑の端の方で場所を変えて育てています。場所さえあればどんどん増やせて、ほぼ1年中収穫できるので、秋からの保存が難しいタマネギの代わりにも使えないか研究中^^。

Photo_4
 収穫できる野菜はほとんど無いのですが、白菜の菜花が採れ始めているので少し取ってお土産にしてもらいました。夕方、彼女たちは町内の温泉へ。その後合流して中華の夕食。2人とも旅好きでもあるので、旅行の話にも花が咲き楽しかったー^^!また是非遊びに来てねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界青年の船、30周年大同窓会! Ship for World Youth, 30 th anniversary All Generation Reunion

Swy_all_genertion_reunion
 内閣府の青年国際交流事業の一つである「世界青年の船」事業。今年30周年を迎えました。過去に事業に参加した方たちが自主的に企画した大同窓会に参加して来ました。(photo: official)

Swyreunion
 私自身は12年前にきっかけをいただき、11年前2007年に初めて参加させてもらいました。持続可能な社会を作るというテーマのディスカッションの指導官でした。それ以来、指導官として5回、管理部通訳として1回の6回乗船させていただいています。写真は、今回のリユニオンで事後活動の案を話し合う参加者たち。(photo: M.Fukuda)

Swyreunion_2
 懐かしい人たちに会えて感激(涙)。ずっと初期の参加者(私と同じか数歳下くらいの世代)の方々とも知り合えて、お話を聞けたのも貴重なことでした。写真は、今回のリユニオンで事後活動の案を発表する参加者たち。(photo: M.Fukuda)

Swy
 実行委員のみんな、本当にご苦労様でした。素晴らしい会でした!このネットワークがより広く、そして強くなっていくことを願っています。うちの畑も交流の場として是非使って下さい!(photo: from the event page)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼミ活動のお礼&お別れに来てくれた! Uni students came to say goodbye

Photo

ゼミの活動(地域活性化研究)でよく農場に来てくれていた立教生たち。もうすぐ卒業、、、ということであいさつに来てくれました。

Photo_2

 今日もゼミの活動に来た帰り道なのだとばっかり思っていたら、なんとそうではなくて他の数名の方へのあいさつも含めて、わざわざ会いに来てくれたのだそう。感激(涙)!

Photo_3

 ありがとう。そろぞれ就職が決まっていて、この人生の転機にドキドキもハラハラもしているみたいでした。みんな、人生の新しい舞台、がんばって!そしていろいろと学びつつ楽しんで!田畑への訪問はいつでも大歓迎だよー^^vリフレッシュしに来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレスチナ勉強会<SWY Social Dialogue Vol.2> Palestine

26840749_10155802447670169_22939368
 11月のイエメン勉強会に引き続き、世界の様々な課題について専門家や活動家から学ぶシリーズの2回目。今回は、アメリカ大使館移転計画で最近再び注目を集めているパレスチナ問題について。

26840576_10155802448020169_49365867
 ゲストスピーカーは、日本国際ボランティアセンター(JVC)のエルサレム事務所現地代表の山村さん。世界青年の船(SWY28)の参加者でもあります。

26734216_10155802447225169_22287605
 私自身、以前は遠い場所で隣り合う人たちの兄弟げんかのようなものでは、などと考えてしまっていた「イスラエル-パレスチナ問題」。実は、世界の不平等や抑圧の構造を映し出すようなすごく重要なテーマだと現地に行って気付かされました。圧倒的な武力を持つイスラエルと、自由な行き来すら認められていないパレスチナ。「「紛争地」パレスチナではなく「占領地」が正確な表現」と言われた山村さんの言葉が印象的でした。

26850240_10155802448575169_79570233
 今回も参加人数はそれほど多くなかったのですが、SWY既参加者の年度も幅広かったうえ、メキシコ、チリ、アメリカからの参加者もいる多様性のある会になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年もよろしくお願いいたします。A Happy New Year 2018!

2018
 今年は、どんな年になるでしょうか。
 
 私は、自分の体のことをもう少し気に掛ける生活を目指したいと思っています。それと、日本や世界のいろいろな課題への関りも少し増やしたい。畑もより計画的に野菜たちを作れたらいいな。ちょっと望みすぎでしょうか>< 2018年が希望と充実感のあふれる年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日韓学生交流in小川町! Japan-Korea student exchange!

Pc230057
 日韓学生交流のお手伝いをさせていただきました。立教大学と韓国翰林(ハルリム)大学の学生さんたちが、持続可能性や町おこしをテーマに共に学ぶ合宿企画。

 まずは畑を見学(写真が無い><)。

Icebreaking
 導入としてのアイスブレーキングでは、たくさんの人と話してその人の名前を覚えることと、共通点を探すゲームをしました。けっこう盛り上がった^^ 両校の学生ともそれほど英語が得意というわけではなかったので、ここで仲良くなれたのはその後の活動にすごく役に立ちました。

Pc230088
 GDPでは何が測られているのかというお話をした後、「幸せを感じるために必要なもの」を小グループでディスカッション。あまり難しくない話題なので、自分たちの英語を駆使し、お互いに助け合いながら語り合いました。

Photo_3
 昼食は、地元の自給農家に作ってもらったカレー!美味しい!

Lunch
 ここでも、みんな積極的に交流していました。

Presentation
 午後は、限られた地球資源と豊かさをどう両立させるのか、というテーマで私がネタを振るためのお話をし、その後「豊かさ」の測り方をテーマにした小グループディスカッションへ。ユニークな豊かさ指標を作ってもらいました。ここの部分は、少し練り方が足りなかったか、あまり独創的なアイデアは出なかったかな。でも、話し合いもプレゼンもけっこう盛り上がっていたので良しとしよう。

Pc230172
 出会ったばかりの両校の学生さんたちが、あっと言う間に仲良くなってとても和やかにそして積極的に交流し語り合う姿に感激^^ 夜は、駅前の名物焼き鳥屋さんでの1次会から、これまた最近人気の農家カフェバーでの2次会へ。1日中楽しく過ごさせてもらいました。

Photo_4
 こうやって顔を合わせ、膝を突き合わせて語り合う場を積み重ねることが、相互理解と信頼構築の基本だと、改めて感じました。

Pc230060
 Kg先生、Kj先生、Pk先生、そして学生の皆さん、ありがとうございました。(それにしても、誰が日本人で誰が韓国人か、見ただけではほとんど分からない^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい船出!?語り合いの場<SWY Social Dialogue> A new voyage? A venue for discussion

23915584_10159777123690691_66828548
 以前からやりたいと思っていたある国についての勉強会を計画したら・・・、もしかしたら継続的な企画になるかもしれない予感^^

23915647_10159777123585691_84758525
 世界青年の船(略称SWYスワイ)で知り合ったイエメンの青年たち。彼ら彼女らの人柄に引かれ、国紹介の会も素晴らしく、中東で一番行ってみたい国になりました。ところが、具体的に旅行計画も立てられていうちに内戦状態に。様々な国の介入で状況がさらに悪化する中で、さらにコレラが流行り出し人道的危機所状態に!><

2
 知り合いに紹介してもらったのは、なんとそんな中で現地に残り主に子どもたちへの支援を継続しているユニセフ職員の日本人大平さん。日本への一時帰国に合わせてお話を聞かせてもらえることになりました。OKを頂いてから開催まで1か月>< SWYで知り合った若者たちの中から中東や人道支援に興味の有りそうな人たち何人かに声を掛けてみたところ、すごく積極的に関わってくれて、ものすごい勢いで準備が進み、参加者も集まりました。

Photo
 その後、内戦状況の悪化で予定していた日に帰国できなくなり、ご本人による報告会はできなかったのですが、実行委員を中心に自主勉強会という形で開催。数人が分担してイエメンの概要や現状を報告してくれたほか、イエメン人をおつきあいしているという大学生からの話や、日本に留学しているイエメン人SWY参加青年によるスカイプをとおして話などすごく充実した会になりました。実は内戦の両側にSWY生がいるなど支援の難しさも分かり、ここで具体的な活動が始まるまでにはなりませんでしたが、まずは現状を知る一歩になったと思います。

Photo_2
 そして最初に書いたこと。単発の勉強会として始まった企画でしたが、実行委員になってくれた人の1人が企画のタイトルとして考えてくれた名前が素敵で、そのまま一つのシリーズにできそう・・・、という流れに!その名前が<SWY Social Dialogue>。実は第2案もあって<Social Dialogue Cruise>というものでした。この第2案に本人の考えは凝縮されていたようで、このような勉強会を「船で各国を回っているような場と捉えて、寄港地を楽しみながら世界の様々なテーマについて学ぶ」というもの。世界青年の船のミニ陸版ですね。素敵!

 今回の企画のことを知ってくれたやはり元SWY生で現在パレスチナでの支援活動をしている日本人女性が、次の勉強会で話をしたいと言ってくれています。早くもシリーズのような感じで動き出している!?今後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人たち来訪 Friend and her friends

Photo_17
 10年くらい前に、高校生だった姪っ子が連れて来てくれて知り合ったAykちゃん。その後も田植えなどにたびたび来てくれています。今日は、お友達を連れて遊びに来てくれました。午前中は、ソバ畑の耕耘。助かったー。ありがとう!

2_3

Photo_18
 お昼頃他のお友達も加わって、野菜を採ったり、ニンジンの種を取って(先週蒔いたのとは違う種類)それをまいたり。

 その後、家で一緒にパスタ料理を作って食べて、最後は川で遊びました。楽しかったねー^^ みんなまた来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧