一緒に南米大陸へ旅立とう!

子どもの頃からの夢だった南米旅行。その夢がかなった!そして、いざ行ってみると南米の大きいこと。面積も、ふところも、人々や文化の多様性も・・・。そんな素敵な大陸を、ちょっとだけ一緒に周ってみませんか。(全12コマ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずはこの小道から

c.KampehShiino-Tango2南米にひかれた大きな理由の一つはタンゴの響き。旅はアルゼンチンから始まります。タンゴ発祥の地はブエノスアイレスの一角にある港町ボカ地区です。有名なタンゴの小道「カミニート」の入り口に建つお店は色あざやか。ブエノスアイレスには、素敵な場所がいっぱい。立派な劇場を改装した本屋さんやお茶のできる本屋さん。おいしい食堂。いつも混んでいるピザ屋さんに素敵なバー。美しい公園や芸術家の集まる日曜市などなど。ここで1ヶ月過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角のバーで

c.KampehShiino-Tango1大きな劇場での大楽団ショーもいいけれど、バンドネオン1台だけの街角のタンゴショーもなかなか味がありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1500キロのヒッチハイク

c.KampehShiino-Pampa1南米大陸は大きい! アルゼンチンの大平原でお世話になったこのご夫婦には、なんと2日間で1500キロも乗せてもらった。別の時には、なかなか乗せてもらえないでいる僕を見かねて、おまわりさんが車を止めだしました。そして向こうから来たのはなんとタクシー。「こいつを隣町まで乗せてやってくれ」とおまわりさんに言われ・・。隣町まで250キロ、申し訳ないのでコーヒーを1杯おごりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うらやましい!

c.KampehShiino-Valdez-Penguinos1アルゼンチンの大西洋岸をどんどん南下、バルデス半島は海洋動物の宝庫です。ペンギンはいつもカップル。あまりにもかわいいので、手を出したらつつかれた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この雄大な氷の河

c.KampehShiino-PeritoMoreno1南米は、南へ行くほど寒いんですよ。その先は南極ですからね。アルゼンチン本土の最南端近くに、ペリト・モレノ氷河があります。アンデスをはさんでチリ側はトレス・デ・パイネ国立公園。ヒスイ色の湖に青い氷が浮かんでいるのが印象的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地響きが見える?

c.KampehShiino-Iguazu1もう一度北へ進路を取り、こんな所へ。南米の大自然の一つの象徴、イグアスの滝です。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの3カ国にまたがるその大きさは、はんぱじゃない。そしてすごい地響き。その場に居ないと感じられないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リオ デ ジャネイロ!

c.KampehShiino-Rio1ブラジル大西洋側の美しいビーチの街。サンバ、ボサノバ、カーニバル、イパネマの娘。そしてスラム街、麻薬、犯罪・・。南米で最も貧富の差が大きい国の、ここは縮図なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リオの街角で

c.KampehShiino-Rio2人々の生き生きとした活気が伝わってくる町、リオデジャネイロ。おいしくてお手ごろな食堂もたくさんあるし、街角で立ち飲みする生ビール(ショッピ)もたまらない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンタナールの子ども

c.KampehShiino-Pantanal8ブラジルとボリビアの国境に近い湿原地帯パンタナール。アマゾンに勝るとも劣らない動物の宝庫です。ガイド(兼ドライバー)を頼んで、ツアーに。泊まりは、村のお宅でハンモックに寝ます。ピラニア釣りをしたり、車が泥沼にはまって動けなくなったり、いろいろと楽しませてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)