2018年の稲刈り! Rice harvesting 2018!

Photo_3

今年も大勢で楽しく稲刈りをすることができました!

 1

1日目は世界青年の船仲間やピースボートつながりの友達、そして今年年間を通してお米作りに関わってくれたChさん。

2

2日目は、ピースボートつながりの友人家族に立教大学の学生さんたち、そして地元の友人家族が来てくれました。みなさん、ありがとう!

2_1

この小さな田んぼで、しかも肥料を入れていないのですが例年収量は多く、今年もけっこう穫れたと思います。1か月後くらいの脱穀まで、まずは天日干しです。

| | コメント (0)

9月中旬の田んぼ&大豆畑 Mid September: Rice and soybean field

Photo
 残暑もほぼ終わり(ちょっと早いような気が・・・)、過ごしやすい季節になってきました。畑では、秋冬の野菜たちの種まきが進行中です。写真は、田んぼの横の彼岸花。

917
 
917_2
 田んぼの稲たちは、やっぱり7月の酷暑にやられたのか少し小粒なように思えますが、それでもおおよそ順調に育っています。

Photo_2

917_3
 お隣の大豆たち。こちらも、7月に水が少なかったからか少し小ぶりですがまあまあの感じ。これからの豆のふくらみが楽しみです^^!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐんぐん成長!花も咲いた! They grow fast and flowering!

825
 稲たちの穂が出そろいました。最初に穂が出始めてからちょうど10日目くらい。今は、毎日稲の花が咲いています。この花で受粉が行われて、その実としてお米ができるんですね。この時期には水がたっぷり必要なので、水路からちょろちょろと入れっぱなしにしています。

825_2
 大豆たちの成長はさらに目立ちます。

825_3
 こちらは今日開花しました。ここでも受粉が起こって、大豆の実(その途中で枝豆)が成ります。こちらもこの時期に水が必要ですが、数日前にかなりたくさん雨が降っていい具合に湿っているので、水路から入れなくても大丈夫そう。次の雨までの間があまり開くようなら入れることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲から穂が出始めた! Rice started to ear up!

Photo_14
 ほぼ例年どおり、お盆の時期に出穂し始めました。10日前後で出そろいます。よーく見ると見える小さな白いものは、稲の花ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1か月目の大豆たち One month after they were sowed

Photo_13
 稲たちと同じく酷暑を耐えた(ている)大豆たち。なかなか立派になってきました^^ 列の間には雑草が生えてくるので、時々ミニ耕運機で耕耘して抑えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2か月目の稲たち Two months after they were planted

2

Photo_12
 7月の酷暑を超えて、8月に入ってしばらくは水を切って「中干」をしていましたが、今日から再び水を入れ始めました。2か月目の稲たちは、こんな感じでとても元気です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大豆畑に水入れ Irrigating Soybean field

Photo_6
 6月に梅雨明けという記録を出した今年、7月の中旬は雨が無く気温がめちゃくちゃ高い>< 畑はカラカラ状態です。例年は、大豆の花の咲く8月中頃に水路からの水を入れるのですが、今年はこんな小さい大豆たちが日照りに耐えているのを見かねてまずは1回水を入れることに。

Photo_7
 去年のお米作りの後埋めてあった水口を掘って溝を作り、水路に土嚢を置いて水を誘導。

Photo_8
 上の段は、水路から浸み込む水などでまだ湿気が少しあるので、今回は直接下の段へ。

Photo_9

Photo_10
 朝から初めてお昼過ぎくらいにはどうにかなるかな、と思ったのですがカラカラの土に浸み込んでしまうこともあって時間がかかり、結局夕方6時前までかかりました。でもうまく入れられて良かった^^(水没しそうに見えますが、ギリギリ大丈夫!)

Photo_11
 こちらが1日経った今日の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大豆、発芽した! Soybeans sprouting!

Photo_5
 手抜き種まきで、畝も作らずに育てることにした大豆たち。土がいい具合に湿っていたこともあり、発芽し始めました!がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大豆の種まき! Sowing soybeans!

Photo
 例年は6月末か7月の初めにしている大豆の種まき。今年は、天気の影響で畑の準備が間に合わず今日になってしまいました>< たしか、7月10日くらいまでに蒔けば良いと聞いているので、ぎりぎりOKかな。例年は、きちんと畝(うね)を作って少し高くした部分に30センチほどの間隔で数粒の種大豆を蒔いています。今年は種まきが遅れたこともあって新しい「手抜き」種まき^^;

Photo_2
 畑を何回か耕すのはいつもと同じですが畝は作らず、耕運機の通った跡を利用してパラパラと種大豆を蒔いて・・・(見えにくいですね^^;)

Photo_3
 ミニ耕運機(「管理機」と呼ばれています)でその上を耕して土を被せる(と言うか土に混ぜ込む)という方法。畝(うね)を作らずに育てる小麦などでやったことはあるのですが、大豆では初めて。さて、どうなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植えから1か月目の田んぼ A month after rice planting

1_2
 田植えから1か月が経ちました。なんとも貧弱に見えていた苗たち(1か所に数本ずつ植えました)ですが1か月でずいぶん成長し、分けつ(1本から茎が増えていくこと)も進んでいます。

Photo_17
 今年は、気温が全体的に高くて、稲たちの成長にとっては良いのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーン除草開始! Weeding rice field with a special tool

Photo_15
 田植えから3日目。さっそく除草(抑草)の開始です。

Photo_16
 自作のチェーン除草器は、こんな感じのもの。自動車のタイヤチェーンをのれんのように並べたもの。水の中で浮かせるためにパイプを付けてあります。このチェーンで、泥の中で発芽しかけた雑草たち(コナギなど)の種を表面に浮かせて取り除くという仕組み。(以前の写真から)
 
 いろいろと試した中では一番効果が高く、7、8年前からはこの方法をメインにしています。それでも雑草は生えてくるので、この方法を3、4日おきに数週間やった後は、何回か田んぼに入って草取りをします。今年の雑草の生え具合はどんなかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の田植え! Rice planting 2018!

Photo_10
 今年は、2日目の日曜日に参加希望者が集中したので、1日目の午前中はまず1人で全体の半分を終わらせました。(手植えです^^)

Photo_11
 夕方から、何人かが応援に来てくれました。

Photo_12
 Mkちゃん&お友達、Hrさん、ありがとう!それぞれ、20年近く前にピースボートで知り合った友人です。

Yt
 せっかく大勢が申し込んでくれた2日目の日曜日でしたが、天気は雨>< 他のイベントと違って田植えだけは雨天決行。参加者が減ってしまいましたが、雨の中皆さんがんばってくれました。

Photo_13
 立教大学の先生と学生さんたち、ピースボートつながりの友人家族、そして世界青年の船つながりの友人と姪っ子ちゃんという組み合わせでした。

Photo_14
 想定していたとおり午前中に作業終了!田植え完了です。

 午後は、地区センターでゆっくり食事&おしゃべり。子どもたちも楽しそうで、この時間もとても良かったです。

 これで、今年の稲作も折り返し地点。なんだか貧弱そうに見えるこの苗たちが、これからどんどん成長して、立派な稲穂を付けてくれます。楽しみ! その間の草取りがあまり大変でないといいな^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼ:代かき&均平作業2回目終了! Puddling and leveling the rice field, 1st round

2_3
 いよいよ今週末は田植えです。2回目の代かきと均平作業をして、苗も苗代から田んぼへ移して準備万端^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼ:代かき1回目 Puddling and leveling the rice field, 1st round

Photo_8
 このあいだの耕耘の後に、田んぼには水漏れ防止用のシート(畦シート)を張りました。そして数日前から水を入れています。今日は、1回目の代かき。水を入れた田んぼを耕耘してドロドロにし、その後全体の高さを揃えます。昨年うまくいったので、今年も耕耘機のタイヤはそのままで。

Photo_9

1
 ドロドロにすることで下に水が浸み込んでしまうのが防げます。表面を平らにすることで水の高さを全体で均一にでき、稲の育ちが揃い、雑草対策(水をある程度の深さに保つ)も均一にできます。KGさん、応援ありがとうございます!

2_2
 こちらは、苗代で育っている苗たちの。すごく元気です^^ あと2週間で田植え!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼ:水を入れる前の最後の耕耘 Final tilling of the rice field before filling it with water

Photo_6
 今日は、田んぼの最後の耕耘。そして周囲に水漏れ防止用のシートを張るために溝を作りました。

Photo_7
 この後の作業は、畦シート張りと。そして水を入れて耕耘する「代かき」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲の種まき Sowing rice

Photo
 いよいよ種まきの時が来ました!知り合いのつてで「農作業」を体験したいと来てくれたNさんに手伝ってもらいました。先日準備しておいた苗土ミックスを苗箱に平らに入れます。

Photo_2
 選別して水に漬けて発芽させておいた種たち。

2
 これをパラパラと散らばるように手でまいて、その上から覆土用に準備した土をかけます。

Photo_3
 水をたっぷりかけたらできあがり!

Photo_4
 苗箱を重ねて、この上からビニールをかけて、発芽を待ちます。3、4日で発芽して、6日か7日目に苗代へお引越し!

Photo_5
 午前中は、田んぼへの水路の清掃作業でした。Nさんにもお手伝いいただきました。なかなかハードな1日^^; 道の駅のうどん屋さんの天ぷら付きざるうどんが美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわりの種まき Sowing sunflowers

2_2
 お花畑と呼んでいる畑。公民館の駐車場に面している部分に季節ごとに花を咲かせたいと思ってちょっとだけ工夫しています。これまでも、夏にはひまわりが咲くように苗を育てて植えてきたのですが、本数が少なくてちょっとまばらな感じでした(去年の夏は→こんな感じ)。

1_2
 何年か前からやりたいと思っていた直播きでたくさんのひまわりを育てるプロジェクト。今年はがんばって始めました^^。一部を耕耘して、そこに昨年取れた種をばらまき、さらに耕耘して土に混ぜ込んでみました。さて、どうなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヤエンドウたちの花盛り! Peas in full bloom!

4
 ちょうど1か月前まであんなに小さかったサヤエンドウたち(3/23の記事は→こちら)。こんなに大きくなって今が花盛り!

3_2
 花がとってもかわいらしい^^。もうすぐたくさんのほのかに甘いさやを付けてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苗代作り第1部と水路掃除 Preparing seedling paddy and clearing its water channel

Photo_2
 稲の種まきの準備を進めるのと同時に必要なのが、こちら。苗代(なわしろ)の準備です。ここで苗を育てるとても大事な場所。お母さんのお腹のようなものだとお米作りの先生が言っています。

1_3
 一緒に苗代を作っている地主さんが既にトラクターで数回耕耘してくれてあります。今日はその仕上げとして耕耘機で耕耘し、さらに別の耕耘機で土を少しはね上げてからその上をトンボで平らにしてベッドと呼ばれる部分を作りました。

Photo_3
 水路の水は、主に少し丘の上にある貯水池からのもの。近隣で田んぼを使っている数軒の知り合いたちで水路の周りの草刈りと、水路内に溜まった泥の除去をします。

 この後、水を入れてベッドをできるだけ水平にして完成予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲の種選別と消毒 Selecting rice seeds and disinfecting them

1
田んぼの準備と並行して稲の苗作りの準備もしています。

2
 まずは、これ。塩水にもみ付きのお米(昨年の収穫分で、これから今年の種になります^^)を入れて、沈んだ(重い)分だけを使います。

3
 こうすることで、病気などになりにくい充実した種を選べるという仕組み。友人と一緒にやらせてもらっています。

Photo
 選んだ種もみをネットに入れて、60度のお湯に7分漬けます。温湯消毒と呼ばれるもので、ばか苗病と呼ばれる病気を防いでくれるとのこと。

 この後は、タライの中に入れて約1週間毎日水を交換しながら水に漬けて発芽させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«田んぼにも春が来た。今年1回目の耕耘。 Spring has come to the rice field as well.